健康住宅 みんなが住みたい木の家

平成五年からの弊社健康快適住宅コンセプト(25年前からのシックハウス対策)

大工さんが建てる!地震に強い家。群馬の気候風土に合った群馬県産の使った在来木造ヲ採用し家の要となる太い木材に通常の1.5倍の強度を持つ集成材を使用しています。

健康に良い自然素材、自然塗料仕上、科学物質を含くまない、少ない建材を使用した構造燃えない、毒ガスの発生しない安心の遮熱構造。

快適な住まいは無垢木の香るマイナスイオンの癒しの空間
24時間換気の空気のきれいな住まい。

また、杉、檜、唐松、楓、赤松、桐等を使用し、健康に配慮した本格木造注文住宅です。自然素材を自然塗料で仕上げた、いつまでもきれいで生き生きとした、木の癒しの空間、本物の健康住宅をお届けします。

宇宙服ハウス

1 世界で、日本で、群馬で初めて始めた、今までに無かった快適さ
2 本当の木の香りが漂う空気のきれいな家
3 燃えない、有害物質の無い、人と環境に優しい安心の省エネ構造

群馬経済新聞に記事掲載をしていただきました。

news

523群経掲載

少し遅れましたが弊社独自工法(宇宙服ハウス)の情報がぐんま経済新聞の一面に掲載されました。中小企業経営革新強化に基ずく経営革新計画として群馬県から承認された。この承認と共に公開及び販売の案内を公開されました。    その紙面ををご覧ください。

      

宇宙服ハウス

人のやすらぎの場所として、ゆとりある、快適に過ごせる住まいを提供します。

商品名  宇宙服構造の遮熱密閉空気断熱層の超省エネの住まい(宇宙服ハウス)

説明文 東西南北外壁面、屋根面を多重遮熱、遮熱密閉空気断熱層で包み、夏に熱を入れずに、冬、熱を逃がさない、さらに冷、暖空気を排出する層を外壁面の屋内、屋外側と他に屋内、屋根裏換気機能を持たせ建物内の空気の流れをコントロールしています。遮熱密閉空気断熱層で包みこむ事により建物全体の蓄冷。蓄熱効果の有る(夏涼しく、冬暖かい)家の住環境を作ります。

写真①           写真②             写真③

宇宙服素材で外皮(遮熱密閉空気断熱層)

30坪の家が8坪用のエアコン一台

凍結深度B3基礎断熱100m
外周土壌遮熱W=600mm           家中が快適な家の完成外観

群馬県高崎市で建設業を経営している有限会社 三原建設代表の三原勇と申します

この度、群馬県にお住まいの方を対象に宇宙服ハウス(宇宙服みたいな家)を6月15日より新たに販売することになりました是非、貴番組、貴紙に取材のほど宜しくお願いいたします。

顧客ターゲット家族の健康と快適で省エネ性能を備えた住宅、建造物を求める皆様

夏涼しく、冬暖かい住宅を求める皆様

(30代から60代の群馬県在住)

コンセプト 「快適さへの追及」×「ランニングコストの低下の促進」×「健康住宅」

詳細  少しの暖房、冷房で(光熱費が通常光熱費の三分の一)で家中が健康で過ごせる住まいを提供します。

強み(wonder)   新しい技術で出来る人と環境に良い超省エネ、エコロジー住宅

詳細 弊社独自の技術で(遮熱密閉空気断熱層構造)宇宙服のようなハウスが出来ます。

4、リリースのポイント

1,世界で、日本で、群馬で初めて始めた、今までに無かった快適さ

2,本当の木の香りが漂う空気のきれいな家

3,燃えない、有害物質の無い、人と環境に優しい安心の省エネ構造

5、この商品を作ったきっかけ

高断熱、高気密住宅を手がけて25年、省エネ性能を上げて住宅価格を低価格で

提供したいと手がけた新築、リフォームの物件に高断熱の技術性能の高度化を進めて研究を続けて参りました。11年前に遮熱技術と出会い資格取得と実践を重ね25年前に入会をした北関東住宅開発ネットワークで教えていただいた住宅の断熱性能の計算方法を使い試行錯誤を繰り返し平成24年ころに静岡大学の中山顕工学部教授の遮熱効果の論文を読み各種の遮熱シート性能を確認が出来、遮熱の効果と断熱材の元である空気の断熱性能に気づき遮熱層の性能と遮熱密閉空気層の性能計算が出来上がり、その構造のサンプル壁を造り電熱ヒーターの放射実験をやりその断熱性能にびっくりして、この構造で家を造ろうと決心しました。

そして平成27年に最初のOT邸を着工、竣工となり、猛暑中の中の施工に於いて外皮周りの工事完了時で外気温度より5℃以上涼しい、遮熱密閉空気断熱層の性能を体感し引き渡し後のお施主様の感想、全てに快適の一言、30坪の住まいに9坪用のエアコンでこの家はOKと言われました。一つの遮熱空気層で特許出願住宅の外皮性能UA値 0.33 平均日射取得率NA値1.4となりました。

遮熱気密空気断熱層構造(宇宙服ハウス)は遮熱空気層をさらに重ねて、空気層の厚み、遮熱シート層の数で性能を上げる事の出来る構造です。

これから創るであろう、かって無い重複遮熱密閉空気断熱層住宅が楽しみです。

これまでの住宅との違い      (かつて無い快適さと省エネ)

商品比較 旧製品 新製品
住宅 平成6年以前住宅 宇宙服ハウス
光熱費、ひと月当たり

ガス代、灯油、電気料金総額

灯油 ひと月当たり

ボイラー、石油ストーブに使用

電気代2万円から5万円、各部屋冷暖房

灯油200Lから300L

2分の1から5分の1

一台のエアコンでOK

オール電化及び高気密住宅で使用せず

夏期、室内と室外との温度差

(外気36℃時)

同一温度から2℃から5℃上がる

温度差

5℃から10℃以上低い

温度差

冬期、室内と室外温度差

(外気-5℃時)

6℃から11℃くらい高い 15℃から21℃高い
夏の住み心地と対策

冬の住み心地と対策

朝はまずまずで、日が昇るとむし暑い

蒸し厚くエアコン頼り

朝は寒く、おきるのがつらい

即石油ストーブ、エアコン

夜まで連続運転

朝から4時ころまで快適、

夕方からエアコン使用も?

朝は快適起床、夜には暖房

エアコン、蓄熱式電気暖房器

1台ずつ

価格(坪単価)床面積により変化 45万円から60万円 60万円から75万円

代表者の略歴

有限会社三原建設 代表取締役 三原 勇の経歴

平成30年 3月現在

昭和52年三原建築創業

昭和60年二級建築士取得 群知7386号

平成4年宅地建物取引士

平成6年7月有限会社三原建設設立

平成平成7年(有)三原建設モデルハウスを建設(群馬県最初のオール電化住宅)

同年工事中の弊社展示場に鈴木氏、西郷氏他日に来場、高断熱、オール電化住宅の提案指導を受る(せごどん、にご指導を)受けました。

省エネ指導書として(エアコン1台で心地良い住まいをつくる方法)を監修されています。

鈴木大隆氏(北方建築総合研究所所長、工学博士)

西郷徹也氏(東大大学院卒、一級建築士、工学博士)エアコン一台で心地よい家を作る方法2013年3月初版監修

平成9年Tepco快適住宅コンテストで入選(佳作 )

平成9年第8代群馬大学学長退職直後の石川氏他三人コンテスト入選の家を見学に来場

石川英一氏(東大卒、医学博士)三年後、弊社おいて先生自宅を断熱、耐震改修リホームを施工

平成17年4月25日ぐんま優良木造住宅施工認定業者第143号

平成17年8月20日環境マテリアル推進協議会遮熱講習資格取得修了

木造住宅の耐震診断と補強方法講習会受講終了 NO04-1-21074

平成26年10月23日住宅省エネルギー設計、施工技術者講習終了 終了番号014-10-C2-0190

平成25年遮熱密閉空気断熱層構造サンプル作成、断熱性能検査

平成27年宇宙服ハウス構造住宅を竣工、引き渡し

平成28年特許出願住宅を竣工引き渡し

平成29年1月遮熱密閉空気断熱層住宅(宇宙服ハウス)特許出願

平成29年8月25日宇宙服ハウス標章登録

その他(平成9年Tepco快適住宅コンテストで佳作 )

平成29年1月31日特許出願)

平成30年6月特許取得の可否(服部秀一弁理士先生から)の通達が出るとの事

平成30年6月宇宙服ハウス特許件取得を公表と同時販売開始と想定

問い合わせ先 有限会社 三原建設 電話027-371-5168 メールアドレスmihara@pony.ocn.ne.jp

 

築75年の匠の技の住まいを在住で断熱改修(安中市T邸)平成17年

改修当時、75年の家の全面大改修着工当時の前庭写真

住ながら断熱リフォーム改修後はリビングの朝の最低温度10度以上になりました。

築65年の家の玄関、他を解体撤去

玄関間口一間から二間に改修写真

リビングへ吹き抜け階段の降り口

高さ5.3mの吹き抜けを望む無垢の木の癒し空間

70年前の手作りの和室をリフォーム 部屋の奥に蓄熱式電気暖房機が設置されています。

 

 

間口二間天井吹き抜けの玄関ホール